鳥取の税理士 相続税対策など相続に強い
税理士法人 阪本会計

相続に強い税理士 税理士法人 阪本会計
電話:0857-50-0750 受付:9時~19時(土日祝除く) メールでのお問い合わせ
税理士法人 阪本会計

法人経営者の方へ

今の税理士に満足していますか?

事務処理だけで、決算予測や改善案ができない。税務以外の知識が乏しい。顧問料が不明確。体質が古い、上から目線。税務署のいいなり

経営者と同じ立場で相談に乗ってくれる税理士が必要です。

売上減少、人材不足、資金繰り・・・
経営者様は、税務以外の経営上のあらゆる悩みに直面しています。
税理士の選び方で、会社経営のあり方が大きく変わってきます。

税理士を選ぶときの5つのポイント

経営者の立場で相談に乗ってくれる税理士。質問・問題への対応の早さと的確さ。訪問・現地調査などフットワークが軽い。税務以外もまとめて相談できる専門性と総合対応力。タイムリーな情報提供。

阪本会計なら経営改善の専門家として御社を強力にサポートいたします

会社経営や税金対策などで生じるさまざまな不安や疑問に対し、 常にお客様の立場に立ち、
何でも気軽に相談できる身近なパートナーとして、
経営者の皆様や税金に不慣れな方のお役に立ちたいと考えております。

当事務所が選ばれるわけ

税理士が直接担当します

現在の税理士や会計事務所にこのような不満をお持ちではないでしょうか。

  • 「会社に税理士が来ない」
  • 「いろいろ相談をしたいが誰に相談したらよいかわからない」
  • 「試算表を送ってくるだけで何のアドバイスもない」
  • 「担当者に質問をしても、なかなか回答をもらえない」
  • 「節税対策は保険加入の提案ばかり…」

当事務所は税理士が直接担当しますので、経営者及び現場の皆様方のご期待を裏切りません!

お客様のニーズに沿った
サービスを提供します

お客様によって、必要なサービスはそれぞれ違います。
例えば…

  • 訪問は必要ないので、電話やメールで、 重要なときにピンポイントで相談できるようにして、 コストをなるべく抑えたい
  • 毎月訪問してもらって、会計記帳や決算だけでなく、資金繰りや経営相談など、 より幅広いアドバイスがほしい。
  • できるだけコストをおさえて、会計記帳や決算申告といった 必要最低限のサービスを受けたい。

等々、お客様のニーズに合わせて最適なプランをお見積もりいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

親切に対応、相談しやすい

相談しやすい事務所を目指して、日々努力しております。

  • 会計事務所と言えば「融通が利かない、敷居が高い」とよく言われます。
    しかし当事務所は、迅速、柔軟、親切、信頼できる対応を目指しています。
  • 難しい専門用語を使わないで、分かりやすく説明します。
    相談やアドバイスは、月に1度だけではありません。
    相談は、必要なときにピンポイントで何度でもお受けします。
  • 他事務所から当事務所へ変更された多くの経営者様から「親切に対応してくれる」「相談しやすい」という評価をいただいております。
    スタッフを含めた全員がさらにそのレベルを日々向上させるよう努力しています。
決算に向けた黒字対策・
赤字対策を提供します

決算が終わってから「赤字でした」、「黒字でした」では何も手の打ちようがありません。
お客様の状況に応じた対策を随時提案させていただきます。

黒字対策
黒字の場合はもちろん節税対策。

オーナー社長の場合は会社だけでなく、
個人の税金も考慮してアドバイスを実施します。

赤字対策
赤字の場合は何と言っても資金繰りです。

金融機関からの融資を引き出すコツも
アドバイスいたします。


税務調査に強い
  • 「納税者の味方になってくれる」
  • 「税法に通じていて、実務経験が豊富にある」
  • 「説得力があって交渉能力もある」
  • 「責任感が強い」
  • 「とにかく1日でも早く調査を終わらせてくれる」

当事務所は常に最新の情報を収集し、判例や裁決の研究をしています。
また、勉強熱心な全国の税理士が集う研究会等にて日々研鑽しています。

だから、税務調査には絶対の自信を持っています。

国の認定を受けた『経営
革新等支援機関』である

阪本会計は『経営革新等支援機関』として国から認定されています。
認定支援機関による支援を受けることにより、次のようなメリットが考えられています。

  • 各種経営相談や情報提供
  • 海外展開の問題、知財管理等、各分野の最適な専門家の派遣
    (※支援機関の依頼に基づき、中小企業基盤整備機構から派遣)
  • 認定支援機関の支援による事業計画の策定・実行と進捗報告を条件に、
    融資の際の信用保証料率の減免措置(概ね△0.2%)
  • 設備投資(建物附属設備1台60万円以上、器具備品1台30万円以上)に対する税制上の優遇措置

阪本会計では『経営革新等支援機関』としてこれまで以上にお客様の資金繰り支援、事業継続、事業発展をサポートしてまいります。
詳しい内容につきましては、お気軽にご相談ください。

※『経営革新等支援機関』とは、近年、中小企業をめぐる経営課題が多様化・複雑化する中、企業が安心して経営相談等が受けられるために、専門的知識や実務経験が一定レベル以上のものに対し、公的な支援機関として国が認定するものです。

このような評価をいただいています

  • 先生を紹介しやすい
  • 自信をもって紹介できる
  • 相続対策で助けられた
  • 相続税が安くすんだ
  • 遺産分割がスムーズにできた
  • 仕事が丁寧・正確・早い
  • 節税してくれた
  • 税務調査対応がよかった
  • 相談しやすい

税理士を選ぶときの5つのポイント

資金繰りの悩みから解放され、会社を成長させたいとお考えの経営者様へ

中小企業はキャッシュが命!
あなたはお金を残す経営をしていますか?

毎月資金繰りに追われて経営の事をじっくり考えている余裕がない。
それではいつまで経っても同じ事の繰り返しになってしまいます。

なぜ、会社にお金を残さないといけないか
いまさら説明の余地はありませんね?
会社にお金があれば
経営者本来の仕事ができ、会社を成長させることができるのです。

こんなことは思い当たりませんか?

  • 来月の支払いができるだろうか?
  • これ以上銀行から融資は受けられない
  • 給料、社会保険の支払いがきつい
  • 税金ばかり払っているような気がする
  • 手形が落ちるかいつもビクビクしている

これでは、いつも資金繰りに追われ、経営者本来の仕事ができません。
売上や利益も大切ですが、中小企業はお金(キャッシュ)がすべてです。
一刻も早く資金繰りの悩みから解放され、経営者本来の仕事に全力を尽くすべきです。

経営者がもつ悩みの中でダントツに多いのが「資金繰り」です

「売上が上がらない」
「社員が言うことを聞かない」
「決算書が読めない」など、
経営者の悩みは数多くあります。

その中でもダントツに多く、かつ、最も重要なものが
「資金繰り」に関するものです。
お金(キャッシュ)は、人間にとっての血液と同じですので、
流れが悪くなると途端に病気になってしまいます。
しかし、日々の業務に忙殺され、
最も重要な資金繰りは後回し、何とか今日も過ごせたとなっているのが現状です。

本来経営者の仕事は、会社のミッションにむけて舵取りをし、
適材適所に人材を配置し、組織をつくるのが役目です。
そのためには一刻も早く資金繰りの悩みから解放されなければなりません。

売上が上がれば利益が出てキャッシュが増えると考えていませんか?

売上が上がるとお金(キャッシュ)は不足します。

そう聞いて、「え!?」となった経営者は要注意です。
よくわかっていない経営者の方がいますが、
キャッシュフローがわからなくては会社の経営はできません。

たとえば、商品(@5万円)を10個仕入れて現金を支払い、
この商品を現金で販売(@6万円)した場合を考えてみます。

当期中に10個販売

損益計算:収益60万円-費用50万円=利益10万円
キャッシュ:収入60万円-支出50万円=キャッシュ10万円
となり、利益=キャッシュとなります。

当期中に7個販売

損益計算:収益42万円-費用35万円=利益7万円
キャッシュ:収入42万円-支出50万円=キャッシュ△8万円
となり、利益とキャッシュは一致しません。

会計のルールではキャッシュは見えない

商品を仕入れたからといって、
その支出がそのまま費用になるわけではありません。

その商品が売れたときにはじめて、
売上原価という費用になるのです。

ですから、仕入れた商品が全部売れれば
支出=売上原価(費用)となりますが、
売れ残り(在庫)があれば支出と売上原価(費用)は一致しなくなります。
つまり、支出と費用に「ズレ」が生じてしまうのです。

また、今日の取引は掛取引が一般的です。
すると、売上があっても入金は2ヵ月先といったことが通常となり、
ここでも収入と収益に「ズレ」が生じてしまいます。
さらに、固定資産などは、お金を支払ってもすぐに費用にならず、
何年かに渡って費用としていく処理(減価償却)がなされます。

会計のルールでは、業績を正しく表示させることが目的ですから、
実際のキャッシュフローに関係なく損益計算を行ないますので、
利益が出ているのにお金(キャッシュ)がない、ということが起こるのです。

今こそ「キャッシュフロー経営」をめざせ

「キャッシュフロー経営」とは、会社が手元で実際に使えるお金(キャッシュ)をいかに増やすかに重点を置き、資金繰りに困らない会社を目指す経営手法のことです。

借入金に頼るのではなく、自社の営業活動によりお金(キャッシュ)を獲得し、さらにそのお金(キャッシュ)を将来の資金獲得のために適切に運用する経営のやり方です。

売上高または利益の極大化、含み益重視、銀行依存型といった従来の経営手法とは対照的です。

資金繰りを改善する「キャッシュフロー経営」に取り組みませんか?

会計のルールで作成した決算書では
お金(キャッシュ)は見えません。
「勘定あって銭足らず」とは、利益があるのにお金(キャッシュ)がない状態をいい、 「黒字倒産」に至ることもあります。

これまでのように資金不足を銀行借入に 頼ることが難しくなった今、
必要な利益を上げ、その利益に見合ったお金(キャッシュ)を残す
「キャッシュフロー経営」がより一層求められるのです。

資金繰りの成否が経営に大きく影響する中小企業こそ、
「キャッシュフロー経営」に取り組むべきです。

あなたの会社も「キャッシュフロー経営」ができます!

当事務所では、多くの経営者がもつ資金繰りの悩みから解放し、
会社を発展させる経営者本来の仕事に集中していただくためのお手伝いをさせていただいております。

そのために必要なのが「キャッシュフロー経営」です。
当事務所では、まずは会社の状況を分析し、
自由に使えるお金(キャッシュ)を増やす方法を考えます。

具体的には、利益を出す、売掛金を減らす、在庫を減らす、買掛金と売掛金のバランスを考える、不良資産を処分する、自己資本を増やす、といった方法で、キャッシュフローを改善していきます。

そして、適正な利益の確保 → 利益を資金として残す → 資金繰りに困らない経営体質の構築という、「キャッシュフロー経営」を実現させていきます。

あなたの会社を「キャッシュフロー経営」に変えたいとお思いなら、今すぐ、ご相談ください。

「キャッシュフロー経営」を目指す経営者さまからのご連絡をお待ちしております。

追伸

金融機関や取引先からの信頼を得るためにも
「キャッシュフロー経営」は欠かせないキーワードです。
キャッシュフローを理解し、
経営活動の成果としての利益をお金(キャッシュ)として確実に残す
「キャッシュフロー経営」で会社の未来を作りましょう!

顧問料

売上高 顧問料(毎月) 決算料(年1回) 年額
3,000万円未満 20,000円~30,000円 100,000円~150,000円 340,000円
3,000万円~5,000万円 25,000円~35,000円 125,000円~175,000円 425,000円
5,000万円~1億円 30,000円~45,000円 150,000円~225,000円 510,000円
1億円~3億円 40,000円~60,000円 200,000円~300,000円 680,000円
3億円~10億円 50,000円~80,000円 250,000円~400,000円 850,000円
10億円以上 応相談

※記帳代行、給与計算、年末調整等、追加する作業により別途費用が加算されます。

  • 上記の報酬額はあくまで目安となっております。
  • ご希望のサービス内容により最適なサービスを提供しております。
  • 面談の上、お見積もりを出させていただきます。

面談をしたからといって、顧問契約を強いるようなことはございません。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

無料相談のご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちら 0857-50-0750 受付時間:9時~19時(土日祝除く) お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちら 0857-50-0750 受付時間:9時~19時(土日祝除く)
ページのトップへ